img_01

フロアコーティングについて

フロアコーティングは基本的にはフローリングや床などに汚れを付きにくくしたり、防水やすべり止め、キズなどの防止をするために施工をするものですが、フロアコーティングをするとこれらの他にも様々なメリットがあり、表面を特殊な素材で覆ってしまうことでワックスがけなどの必要がなくなります。


フロアコーティングは様々な種類があり、スタンダードなものはキズ防止などの機能しかないのですが、高品質なフロアコーティングの場合にはカビを防いだり、日焼けや変色を防ぐなどのオプション効果があります。

一般的には住宅を建てたときに同時に行われるのですが、中古住宅でも入居者が入れ替わるときにコーティングをする場合があります。



フロアコーティングのメリットは効果が長続きすることで、床などの劣化を防ぐことができるということがあり、それによって将来的なメンテナンス費用などを低く抑えることができます。


なにもしていない床の場合は1ヶ月に1回程度のワックスがけを必要とするのですが、特殊素材でコーティングしておくとメンテナンスをしなくても汚れがつきません。

最近では和室専用のコーティングなども用意されていて、木材の部分が汚れたり、日焼けや変色しないようにすることができます。
またガラスフィルムのコーティングをすると日差しや紫外線を防ぐことができて、さらに割れにくいので防犯の防止や飛散などを防ぐこともできます。

フロアコーティングの事例の知識を増やしてみませんか。

価格は1畳の面積あたり、3千円程度となっています。

ブログに関する情報です。