img_01

バルコニータイルのメンテナンス

バルコニータイルはプラスティック系の素材が使えるようになってから一気に色合いや素材感を出せるようになり、利用が進みました。
バルコニータイルの利用にあたっては一戸建てでの利用が多かったのですが、現在では高層マンションでも採用されるケースが増えているようです。

東京のフロアコーティングの詳細情報となります。

バルコニータイルは見た目もよく、また、素足でも気持ちのよい感覚もあり、是非利用したいと考える方も少なくありません。


ただし、バルコニータイルはメンテナンスに注意しないと早ければ数年でいくつかも問題が出てしまうことがあるようです。1つ目は落ち葉や虫の死骸などによる悪臭問題です。


排水性のよい素材、作りになっている場合でも落ち葉が降り積もる場所の場合は掃除しきれない物が詰まってしまいます。

また、低層階のマンションや一戸建ての場合は思った以上に虫が問題となるようです。

季節ごとにでも掃除をすることが大事です。



2つ目は色の剥がれです。


バルコニータイルはいぜんは本物のタイルなどが利用されることが多かったので経年劣化は逆に色合いがよく出ると言われていましたが、プラスティック系の素材を使うことによって風合いが出るわけではなく、単にみすぼらしい感じになってしまうと言われてることが多いようです。

大手小町の情報ならこちらにお任せ下さい。

メンテナンスについては苔やカビが付くこともありますが金たわしなどの利用はご法度です。


スポンジ系を利用し、カビ取り剤等を使わずに中性洗剤で落とすことが大事になります。